さよならは約束だらうか

もう一度会うときまでさようなら

NHK撃退したい人へ

NHKの集金人が来ると「あぁ、またか・・・」と思う人がほとんどだろう。

何故ならハッシュタグから辿り着いたあなた自身がNHK受信料を支払っていないからである。

基本NHKでーす」と訪問する人はNHK職員ではないのだが(業務委託)支払情報を基にピンポイントで行動しているのだ。逃れることは絶対に不可能と言い切らせてもらう。

そんなあなたに参考になればと一筆したためたい。

 

 

まずは有益な情報から。

NHK日本放送協会)は日本国が災害対策基本法で指定する唯一の報道機関であるが、社団法人であり、ざっくりいうと民間の会社なのである。

なので受信料はあくまでもTVを設置した世帯の厚意でお支払い頂くものなのだ。決して強制的に支払わなくてはならない税金ではない。ただし放送法第3章の第64条で契約をしなければならないと記されている。

これもざっくり言うと「TVを設置したら必ず契約してね。法律で決まっているから」ということだ。

ちょうど今、携帯電話のワンセグ受信機能がNHK受信料の対象になるか争われているけれど、これに関しては間違いなく対象である(たぶん判決はひっくり返るはず)

受診を目的とした設備を設置したものという項目で、

 

NHKは観ないから支払う必要なし」

は論外(そんな言い訳通用しない)で

 

「俺はNHK観るためにTV買ったんじゃねーよ」

とか

 

「携帯(スマホ)買ったら勝手についてきた機能だ」

とか、

それはもっともなことなんだけど、受信設備(チューナー)自体がNHKを含むTV番組を観てもらう(受信を目的として)ために作られたものなので、「俺」の意見として受け入れられることは絶対にない。

携帯も、

 

「自宅では電波が悪くてワンセグ受信できないから無理」

 

と言ったところで、受信を目的にした装置(つまりは携帯orスマホ)を持って外に出ればやっぱり受信できちゃうので当然聞き入れられないのだ。(※カーナビも当然受信料の対象)

 

ここまでくると無理じゃん!逆切れするしかないじゃん!となりそうだけど、訪問した委託職員に対してたった5秒で撃退できるワードをお教えしよう。

それは、

 

 

 

「TVないです。携帯持ってません」

 

 

だ。

馬鹿みたいだし噓まる出しだけど、100%OK。(ただしドア越しインターホン越しで対応のこと)

委託職員はもちろんNHK職員でも例外なくお宅の中には入り込めない。不法侵入罪だ。食い下がる委託職員であっても「TVないです」を繰り返せば帰るしかない。TVや携帯の受信機能が確認できなければ契約はできない。。。撃退成功なのだ。

ただし最短で2週間後、遅くとも2ヶ月以内には再訪問される。委託職員は定期的に交代してあなたが契約するまで一生付きまとわれることになる。これも間違いない。何故なら契約をしていない世帯(アパートなら部屋)は隈なくチェックされていて、TVのあるなしに関係なく職員の定期訪問が決まっているからなのである。

 

 

 

あなた自身が一生嘘を突きとおすメンタルと気概があれば是非お試しいただきたい。

 

 

 

 

本当にそれでいいのかな?

 

 

 

例えばNHKは全国に支局がある。未曽有の危機にさらされた東日本大震災の時もいち早く放送したのはNHKである。しかも民間放送局は被災された人たちのスマホ映像や写真を中心に報道していたけれど、NHKは完全独自映像だったのだ。まさに支局が全国にある強みである。

民間の報道が悪いわけではないが、本気のNHKには敵わない。規模が違うのだ。24時間完全に災害情報を流し、Eテレでは安否情報を24時間流し続ける。これを1週間以上平気で続けられる放送局はない。もちろんそのためのNHKであるのだが、自分自身はいつ起こるかもしれぬ災害の情報だけでも受信料を支払う意義が十分にあると感じている。

災害当時のNHK視聴率は70%を超えていた。誰もが困ったときのNHKなのだ。

携帯にしても、災害時津波でTVもろとも流されて電線も切れ外部の情報がすべて途切れた状態では、ワンセグNHK放送だけが頼りになった。

また災害時に中学生が勝手に始めたNHK番組をインターネットで横流しする中継の許可を、上司の判断を待たずにNHK職員がOKを出しちゃった(NHK_PR1号さん/現 作家の浅生 鴨さん)という、お堅いイメージのNHKらしからぬ前代未聞の寛容さも「これで人の命がひとりでも助かるなら」という人間の持つ善の信念からである。やるじゃないかNHKという瞬間だ。

 

災害現場でたった一つのスマホに人が群がっている状況・・・ワンセグの意義は多分にあり、これでワンセグは受信料の対象であることも肯けるであろう。

 

フランス語講座など、誰も観ないような番組を平気でNHKは垂れ流している。

でもお金がなくて大学に行けなかったけど、どうしてもフランス語が勉強したい・・・なんて人だっている。こんな番組視聴率は獲れないからスポンサーもつかない。これもやっぱり必要であり、NHKの仕事なのである。

技術開発・・・ハイビジョンカメラやその映像機器は医療の現場(例えば内視鏡手術の映像画面)で役立てられているし、衛星放送だって電波の弱い地域には絶対必要なアイテムなのだ(都会じゃわからないけど山間部などでは必須アイテム)そんな全くお金にならない技術開発もNHKの仕事だ。民間(キー局)ではスポンサーなしで技術開発などやってる場合ではない。あっという間に倒産だ。

 

受信料というのは名前こそ「受信/料」とTV観る観ないに関係しそうだけれど、必ず自分自身の生活に反映されている。税金ではないが、限りなく税金に近い存在であることに間違いはない。

 

だからこそ受信料はちゃんと支払うべきと私は思っている。

 

 

 

 

ここまで読んでしまったあなた・・・受信料払ってもいいかな?とか思いました?

これ、私がNHK委託職員時代に数々の未契約者を契約に導いた際の話術の一部です

参考になりました?

 

 

ちなみにNHK受信料契約しないと絶対紅白を観覧できません。あしからず。

では。